閉じる
  1. N64 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城! デバッグモードのやり方・コ…
  2. スーパーファミコン改造方法まとめ チートのやり方
  3. スルガ銀行のロードバイク購入ローンで借りたぜ。
閉じる
閉じる
  1. 逆走は危険!自転車同士で事故になることも!
  2. ながら運転は危険度が高い!自転車で起こりえる事故とは?
  3. 自転車も飲酒運転になる?飲酒することのリスクとデメリット
  4. こどものうちに身に着けておきたい自転車交通ルール
  5. 走行禁止!自転車で走ってはいけない場所とは
  6. 自転車交通違反で運転免許に影響し、免停や取消し処分となるのか
  7. 自転車指導警告カードと赤切符 違反で前科が付くのか
  8. 自転車講習が義務化!14の危険行為と処分の流れ
  9. ロードバイクにベルは必要?義務なのか道路交通法をチェック
  10. 自転車に関する交通ルールの注意点
閉じる

はじめてのロードバイク!初心者入門塾

自転車保険 家族で入ればオトク

多くの自転車保険では個人向けのプランだけでなく、夫婦向けや家族向けのプランがあります。

たとえ家族向けプランがないところでも、個人向けの保険に家族の賠償責任補償もついている場合が多いです。自分が入っていても家族の誰かが自転車事故を起こしてしまったりするなら、後悔してもしきれませんし、家族に自転車を乗る人が他にもいるのであれば、家族で自転車保険に入ることが良いでしょう。

特に子どもがよく自転車を使っているような場合には、不注意による事故などもありますから、家族プランがおすすめです。

多くの自転車保険では、個人向けの自転車保険に家族が個々で入るよりも、家族向けの自転車保険に入る方がお得になっています。しかし、家族向けのプランと一言に言っても、その補償内容は様々です。全員に傷害補償と賠償責任補償がきちんとついているものもあれば、傷害補償は本人のみというものもあります。事前に補償内容を確認しておきましょう。

関連記事

  1. ロード乗りの通称 ローディとは?

  2. ロードレースと競輪の違いとは

  3. ロードバイク乗りのすれ違い挨拶マナー

  4. サイクルサッカーって?

  5. ロードレース選手がすね毛を処理している理由は?

  6. ロードバイクが台湾で生産されることが多い理由

おすすめ記事

  1. N64 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城! デバッグモードのやり方・コツ
  2. スーパーファミコン改造方法まとめ チートのやり方
  3. スルガ銀行のロードバイク購入ローンで借りたぜ。
ページ上部へ戻る