記事の詳細

自転車で交通ルールを守っていても、トラブルに見舞われることはあります。
自転車は子供、大人、高齢者に関わらず身近な乗り物のため、気軽に利用されている節があります。
しかし、法律上では車両扱いのため、交通ルールを違反した場合は相応の罰則が与えられます。

 

特に対人事故の場合、自転車の修理費だけではなく相手の治療費も負担しなければいけません。
自転車事故を起こさないようにするのは大前提ですが、人は完璧ではないのですから、気をつけていてもどうにもならない時があります。
そういう時にオススメしたいのが、自転車保険です。

 

現時点で、自転車の交通ルールが完全に浸透しているとは言い切れません。
そのため、自転車保険に加入していてトラブルに見舞われた時の対策をしておいても損はないでしょう。

 

自転車事故の増加とともに、義務化もされてきている自転車保険ですが、まず自転車保険に入る必要性を明確にしておくことは大切です。そうするなら、どんな自転車保険を選ぶべきか、そもそも自分や家族が加入する必要があるのかがわかるからです。

 

自転車は子どもから高齢者までが手軽に使っている移動手段で、手軽で身近なものです。それ故に、自転車の危険性を見逃してしまっている人が多いのではないでしょうか。たかが自転車だと思っても、場合によっては大きな損害を生むことがあります。子どもの起こした事故で一億円近い賠償金額が発生したという事案もあります。これはよくあるケースではないとしても、自転車事故による賠償額が数百万円に上ることは珍しくありません。

 

また、自分が被害者になる場合があることも自転車保険加入の必要性の一つです。自転車保険への注目は高まってきているものの、まだまだ加入率はそれほど高くはありません。自転車事故で自分に損害があった場合に、加害者がそれを保証できるだけの保険に入っているとは限らないのです。ですから自転車保険に加入していることは、自転車事故で被害者になった場合への備えとしての意味もあります。

 

さらに、スポーツとして自転車に乗っている場合ならではの必要性もあります。例えば、ツーリング中の自転車の故障などのリスクに備えて、自転車ロードサービスのある自転車保険に入っていれば、急なトラブルに遭ったときにも安心です。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る