過去の記事一覧

  • ロードバイクフレームの形状・造形を見てみよう

    ロードレースの公認大会規定(UCI)によって、ロードバイクのフレームはひし形のダイヤモンドフレームであることが定められています。その規定の範囲内で各メーカーブランドの個性やロードバイク特性(方向性)によりさまざまな特殊フレーム形状・造形が生み出されています。それもロードバイク選び…

  • ロードバイクが台湾で生産されることが多い理由

    一般にはロードバイクを含め、各メーカーから販売されている自転車はそれぞれそのメーカーの本社がある国で全て製造されていると勘違いされがちのようですが、実はその殆どは台湾か支那(中国)製です。そもそも自転車は各部品を様々な製造元から寄せ集めて組立て、メインとなるフレームを製造している…

  • フレーム構成とフロントフォーク

    フレームとフォークの構成について説明します。 フレームとは、自転車の骨組みの部分であり、トップチューブ、ダウンチューブ、シートチューブからなる部分前三角と、シートチューブ、シートステイ、チェーンステイからなる部分後三角で形成されています。 ロードバイク・マウンテンバイ…

  • ロードバイクを通じてできた人脈は大切に育てるべし

    ロードバイクはスポーツ用自転車としてツールドフランスや競輪などでお馴染みとなっていますが、その他にもレース用より耐久性の高いツーリング用のものもあり、様々なシーンで楽しむことができるようになっています。 手近なところでは街中をロードバイクで徘徊し気になった店にふらりと入って…

  • 中学生・高校生でロードバイクは早いか

    見た目にスタイリッシュで長距離にも向いているロードバイク。趣味や登校目的で「貯めたお小遣いで買いたい!」という中学生や高校生たちも多いようです。 ただ、ロードバイクは本体だけでも20~30万円はザラですから中学生や高校生のお小遣いで簡単に支払える金額ではありません。そのこと…

  • ロードバイクの各部名称を知ろう

    ロードバイク選びやロードバイクに乗るうえで、最初に知っておきたいのが各部の名称です。まずは各部の名称や位置を正確に覚えることからはじめてみましょう。 ロードバイクは細かく分けて100以上の部品(パーツ)で構成されています。 横文字がほとんどで全くの初心者にとってはとっつき…

  • ロード乗りの通称 ローディとは?

    クロスバイクを始めた人がロードバイクにも興味を持ち始めやがてその魅力にハマって「ロードバイク乗り」となり、休日には特徴的なサイクルウェアでどこまでもロードバイクサイクリングを楽しむようになれば、立派な「ローディ」の誕生です。ちなみに「ローディ」とは自転車界隈において、もともとMT…

  • サイクルフィギュアって?

    自転車の上で逆立ちしたり2人の肩車で操縦したりとアクロバティックな演技で人を魅了する「サイクルフィギュア」。英語での正式名称は「アーティスティック・サイクリング」ですが、自転車を使って難易度の高い演技を制限時間内にいかに正確かつ美しくこなすかを競う競技であることから、日本ではフィ…

  • サイクルサッカーって?

    「サイクルサッカー」とはその名から察せられる通り自転車にのって行うサッカーのことです。この大元の起源は1891年頃のアイルランドまで遡ります。当時アイルランドでは馬に乗ってボールを奪い合う競技「ポロ」が一般的なスポーツとして愛されていましたが、自転車愛好家たちが馬の代わりに自転車…

  • サイクルデザイン専門学校の話

    これまで日本においては、「自転車関係の仕事がしたい」「自転車についてもっと勉強したい」と思った場合、自転車関係のお店や会社に入り、働きながら知識や技術を身につけていくという方法しかありませんでした。これは自転車工学技術への需要があまりなかったからというわけではなく、この分野に着手…

ページ上部へ戻る