記事の詳細

はじめてのロードバイクの予算
当たり前のことなのですが、ロードバイクに限らず、何かモノを買おうとする時には予算を考えなくてはなりません。

これまで述べてきたようにロードバイクは初心者用の安価なものから、プロロードレーサーが乗る高価なものまでかなりの価格差があります。さすがにクルマほどではありませんが、ロードバイクは高い買い物になります。ロードバイクを始める予算はいくらかかるか知りたい方もいるでしょう。今回は初心者のためのロードバイク予算について説明します。
ロードバイクの予算決まっていますか?
予算はきっちりと決めといた方が良いですよ。まさか、考えていないわけありませんよね?例えばあなたがショップに行き、店員が30万円のロードバイクを勧めてきたとします。しかしあなたには高すぎて断ってしまいました。つまりあなたは予算30万円未満ということになります。予算はテキトーでいいなんて考えてはいけません。自分はいくらまでの額ならロードバイク購入に費やすことができるのか、それを店員にハッキリと伝えることが重要です。
ロードバイクにはさまざま価格帯のものがラインナップされており、自分の予算に合わせたグレードのロードバイクを選択することが出来ます。
ロードバイク車体の最低価格は8万円前後とお考えください。よくインターネットで2万円~5万円程度のかなり安いロードバイクが売られていますが、あれはルック車やロードバイクもどきと呼ばれており、本物のロードバイクと比較すると全体的に質が悪く性能が低いのでおすすめしません。ルック車と呼ばれる激安ロードバイクに注意!

粗悪なロードバイクを買っても、ロードバイク本来の楽しみは味わえません。安物買いの銭失い・・・なんてことにならないようにしましょう。初期投資(イニシャルコスト)を惜しみすぎるとロクなことがありません。
ロードバイクは価格帯別にランク分けすることができます。
大きく分けて3つのランクになりますが、10~20万円程度のエントリーモデル、30~40万円程度のミドルモデル、そして50万以上のハイスペックモデルとなります。
ロードバイクをはじめて買うなら、エントリーモデルからミドルグレードの「なるべくいいもの」を選ぶことをおすすめします。こんなことを言うのもなんですが、そこそこのロードバイクを買った方がめっきり乗らなくなってしまった場合、リセールしやすいですから。人気のあるモデルは特にです。もちろん、好みのモデルが見つかればいきなりハイスペックモデルを選んでもかまいません。

エントリーモデルなら価格が安いので手軽にロードバイクライフを始めることができます。そうしているうちにロードバイクの乗り方や、自分の脚質など、ロードバイクに関する情報にも詳しくなっていき、好きなメーカーブランドやデザインなどもでてくると思います。 自分の運命の一台はそれから購入できます。ミドルモデルだとカスタマイズなどをして楽しめるスペックがあり、長く楽しむことができます。性能的にオールマイティですので、どんな状況でも対応できると思います。一般的にロードバイクに乗り始めた人の何割かは、一度はロードレースをはじめとした自転車イベントに出場してみたくなるようですが、そのためにはよりグレードの高いパフォーマンスに応えてくれるロードバイクが欲しくなるかと思います。このミドルモデルのロードバイクであれば、そうなった場合にもある程度の満足感が得られるかと思います。

コストパフォーマンスについてですが、アルミロードなら15万円から20万円、カーボンロードなら20万円から30万円あたりがコストパフォーマンスが良いと思って予算を組めば満足できるものを購入できるでしょう。
さらに予算を組むときに注意しておかなければならないことがあります。

それはロードバイクをはじめるには車体だけでなく最低限揃えるべきアイテムがあって、それらも予算内に入れなければならないということです。

たとえば、安全のためのヘルメットやグローブ、ライトや鍵、工具類など必要なものがありますので、これらも一緒に購入しましょう。必要なアイテムの費用としては、物や数にもよりますが、総額2~5万円は見込んでおきたいです。ロードバイクの安い車体は8万円ぐらいですので、つまり最低予算は10万円程度ということになりますね。
なお、ロードバイクをショップで買うときには大抵ローンを組むことができますので、経済的に支障のない範囲で検討してみてください。
日本におけるロードバイクの所持者は、自転車保持者の7%以上を占め、その内の25%以上の人は25万円以上のロードバイクを買っているとの日本経済新聞のデータにありました。
またそのデータの中で、ほとんどの所持者が長距離のツーリングやスポーツ用に使っており、通勤や通学や買い物にはあまり使っていませんから、駅の駐輪場でも滅多に見ることができないことに納得がゆきます。

日本人の20人に1人の割でスポーツ自転車を持っているほど普及が進んでいますが、やはりテレビで見るスポーツ放送のライダーのカッコ良さにあこがれる人が多いと言うことです。
20万円から30万円位の予算であれば自動車に比べると安いもので、良い景色を見ることができるスマートなスポーツとして、今後まだまだ普及すると思われます。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る