閉じる
  1. スルガ銀行のロードバイク購入ローンで借りたぜ。
  2. N64 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城! デバッグモードのやり方・コ…
  3. スーパーファミコン改造方法まとめ チートのやり方
閉じる
閉じる
  1. 逆走は危険!自転車同士で事故になることも!
  2. ながら運転は危険度が高い!自転車で起こりえる事故とは?
  3. 自転車も飲酒運転になる?飲酒することのリスクとデメリット
  4. こどものうちに身に着けておきたい自転車交通ルール
  5. 走行禁止!自転車で走ってはいけない場所とは
  6. 自転車交通違反で運転免許に影響し、免停や取消し処分となるのか
  7. 自転車指導警告カードと赤切符 違反で前科が付くのか
  8. 自転車講習が義務化!14の危険行為と処分の流れ
  9. ロードバイクにベルは必要?義務なのか道路交通法をチェック
  10. 自転車に関する交通ルールの注意点
閉じる

はじめてのロードバイク!初心者入門塾

ロードバイクはお金のかかる趣味なのか

この数年、街中でも自転車に乗っている人が増えています。学生だけでなく、会社員やOLでも自転車通勤は珍しくありません。また通勤だけにとどまらず、自転車を趣味とする人も少なくありません。空前の自転車ブームともなっています。その中でも人気を集めているのはロードバイクです。一般的な自転車に比べると、ロードバイクは数倍、数十倍の値段設定となっています。値段で判断すると、比較的お金がかかる趣味とされています。

ロードバイクを趣味として楽しむ人たちは、本体に加えて色々な装備品も必要とします。例えば、前照灯や尾灯、ヘルメット、フロアポンプ、ボトルケージやウォーターボトルなどはロードバイクを楽しむためには必要最低限の装備品ともされています。最高速度は原付バイクと同じ程度かそれ以上に達することもあるので、安全面ではしっかりとした装備品が必要でしょう。しかし何らかの緊急事態が生じた場合には、これだけの装備品では不十分です。出先でのパンクなどにも備えるためには、携帯工具や交換用チューブ、タイヤレバーなどは揃えておきたいところです。またメンテナンス用品もあれば、ロードバイクを常に良い状態に保つことも可能です。

こうした装備品の購入を考えると、ロードバイクに加えてプラス数万円程度は必要になるでしょう。しかし一度購入すれば、数年は使用できるため、初期投資が必要な趣味ですが、お金持ちだけが楽しみる趣味という訳ではありません。徐々に装備品を揃えていく楽しみもあります。

関連記事

  1. 自転車保険の必要性とメリット

  2. サイクルデザイン専門学校の話

  3. サイクルウェアにいろんな企業名が入っているけど、あれは何?

  4. 自転車保険 家族で入ればオトク

  5. サイクルフィギュアって?

  6. 放置自転車はもらえないのか

おすすめ記事

  1. N64 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城! デバッグモードのやり方・コツ
  2. スーパーファミコン改造方法まとめ チートのやり方
  3. スルガ銀行のロードバイク購入ローンで借りたぜ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る