記事の詳細

これからロードバイクを始めるという人はまずボタリングからスタート、ハマってくると日帰りや泊りのツーリング、そしてついにはライムトライアルやロードレースといった競技にも参加するようになるかもしれません。ただ、ロードレースともなればボタリング用とは違いある程度の性能を有したロードバイクが必要になります。

ロードレースは個人でサイクリングを楽しむボタリングやツーリングとは異なり、いわば「公式のロードバイクデビュー」なので、ロードレース初心者の中には「決まったメーカーのロードバイクを使わないとダメなのかも?」と心配になる人もいるようです。しかし結論から言えばどのメーカーでもOK、使用するロードバイクのメーカーは関係ありません。どんなロードバイクででも、とにかく定められたコースを完走できればいいわけです。しかし前述の通り、競技に勝つことを考えれば、当然スピードを重視した作りのバイクを選ぶ必要があります。例えば車重をできるだけ軽量にするためにカーボンなどの軽量素材を使用していたり、振動を吸収しない代わりに力を逃がさないように同じカーボンでも硬い素材を使用していたりします。また機動性を高める為にホイールベースを、また反応性を良くする為にチェーンステーを短めに設計しています。逆にレース用でないものあるいは「レース用」と称していてもグレードの低いものは、ブレーキ等の質も悪くレース中にコーナーで突っ込んでしまう危険性があります。

これらの違いはパッと見た目には分かり辛いかもしれませんが、ショップでロードレースにも使えるバイクはどれかを尋ねてみると幾つか紹介してもらうことができるはずです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る