記事の詳細

自転車保険への加入方法

自転車保険の加入方法ですが、保険の内容などにより様々です。一番簡単と言えるのは、自転車購入時や修理時に加入する方法です。サイクルショップではその場で保険の必要な整備や点検もしてもらえるので、比較的気軽に入れる保険だと言えます。しかし、補償の対象はあくまでも自転車ですから、自転車所有者への補償も必要な場合には別な方法が良いでしょう。

また、携帯電話の会社が販売している自転車保険は、携帯電話からの加入ができますし、コンビニエンスストアのマルチコピー機から入れる自転車保険もあります。

さらに、今はかなりの種類の自転車保険がインターネットで加入できるようになっています。好きな時間に申し込めるというメリットがあり、申し込み当日から保険が開始されるものもあります。ただし、補償の対象や範囲を必ず確認する必要があります。不明な部分や、不安な部分は加入前にきちんと確認するようにしてください。自転車保険の加入はこのように手軽にできるものが多くなっています。だからこそ、事前に自分の必要とする補償内容をしっかり見極め、それに対応した保険を選ぶようにしましょう。

自転車保険の加入年齢制限に注意

自転車の運転に、不安がある場合こそ入っておきたい自転車保険ですが、加入条件に年齢制限があり、子どもや高齢者は入れない場合があります。加入年齢が満20歳~満70歳程度で制限がある場合も少なくありません。64歳が上限になっているものもあります。

加入条件の年齢制限に引っかかる人は、保険加入者になることはできないので、家族プラン等を利用するか、加入条件に年齢制限のない商品の中で選ぶことになります。年齢制限のない自転車保険もたくさんあります。自分は乗らなくても、子どもが日常的に自転車に乗っているという家庭も少なくないでしょう。子どもを対象にしている自転車保険もあるのです。

自転車保険の年齢制限の上限にかかってしまう場合ですが、確かに上限のない保険はありますし、加入年齢が89歳という自転車保険もあります。しかし、高齢になればなるほど入れる自転車保険の補償内容は減ってきます。ですから、自転車保険を検討されている場合には、早めに加入されるのが良いことは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る