記事の詳細

自転車をメインに使っている人は、自転車パーツを購入してカスタマイズする人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、自転車業界の裏話は知っていますか? 裏話を知らないまま買ってしまうと、損をしてしまう場合もあります。

 

基本的に自転車業界は物販で利益を出すようになっています。つまり、自転車が壊れたら次の新しい自転車を買うというスタイルを望んでいるのです。

マーケットの都合として購入者には関係ないと考える人もいるかもしれませんが、購入者にも大きく関わってきます。どのように関わってくるかというと、基本的に自転車業界で販売されるものは壊れやすく作られているのが現状です。

 

ですが、誤解しないでほしいのが極端に壊れやすいわけではありません。適度に使った後に壊れるという状態なのです。

 

壊れやすいというのは、自転車業界で利益をあげるためのマーケットの都合です。購入者側も自転車が壊れたら修理するのではなく、新しいモデルに買い替えるという人が多いのではないでしょうか。

 

自転車業界が回るためには、そういった人が重宝されているのも事実です。しかし、物を大切にするという点ではあまり歓迎出来ないという業界人もいます。

 

どれが正解なのかは分かりません。ただ、自転車パーツの中には高級品も少なくありません。自転車のパーツを購入する前に、自転車自体が壊れやすいことを頭に入れておきましょう。もちろん、使い方次第で壊れ方の早さは異なってきます。そのため、注意をして自転車パーツを購入しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る