記事の詳細

ロードバイクの販売形態には「フレーム買い」「完成車」「オーダーメイド」の3つがありますが、ロードバイクを初めて購入する初心者ならば、まずは完成車を購入することをおすすめします。

完成車の場合は、コンポーネントやハンドル、サドル、ホイール、タイヤなどがメーカーブランドの選択によって取り付けられています。(価格、仕様は予告なく変更されることもあります)

完成車のパーツは安く設定しているので、全く同じパーツ構成でフレームから組み上げるより、安上がりになります。
ただし、完成車の中には価格調整のために低いグレードのものが取り付けられている場合もあるので注意してください。特に低価格帯ロードバイク完成車の場合。

初心者のうちに完成車で経験を積んだ後、よりグレードの高いパーツに付け替えるのもひとつの楽しみとして取っておくと、ロードバイクに対する関心の持ち方もまた違ってくるでしょう。

ブレーキを掛けた時の車輪のバランス感覚や、ギアチェンジする時のタイミングとチェンジ動作のスムーズさなど、バイクによってそれぞれの性格がある事項ですが、初心者はメーカーが作っているバランス感覚を身に付けることが大切です。さらにディレイラやブレーキやペダルなど手入れをしてみると色々な事が分かりますし、自分のものはこの様にしたいとの考えも出てきます。

完成車ではなく、フレームセットをから自分の好みのパーツを選んで組み立てるのがロードバイクの楽しみのひとつではありますが、完成車を購入した後に、気になる部分を交換していく。これもロードバイクの楽しみのひとつだと思うのです。

初心者でも予算に余裕があれば、フレーム買いでも結構です。しかし、フレームからロードバイクを組むには高い専門性が必要になります。自分の命を預ける乗り物なので、知識と技術を持った人に組んでもらうのでなければそのまま完成車を購入する方がいいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る