閉じる
  1. N64 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城! デバッグモードのやり方・コ…
  2. スルガ銀行のロードバイク購入ローンで借りたぜ。
  3. スーパーファミコン改造方法まとめ チートのやり方
閉じる
閉じる
  1. 八卦について
  2. 五行別の運気と象意表
  3. PlayStation2専用 X-PLODER(エクスプローダー)の使…
  4. PlayStation専用 エックスターミネータEAZYの使い方
  5. 五行という考え方(五行思想・五行説)と五行の相互関係
  6. 冒険時代活劇ゴエモン 敵キャラクターデータベース
  7. 冒険時代活劇ゴエモン 攻略チャート8 ~玄武の息子~
  8. 冒険時代活劇ゴエモン 攻略チャート7 ~出雲の荒神(2)~
  9. 陰陽という考え方(陰陽説)
  10. 風水(堪輿)とは? 風水の種類と気の流れ
閉じる

はじめてのロードバイク!初心者入門塾

五行という考え方(五行思想・五行説)と五行の相互関係

「陰陽」と並んで、風水の考え方の重要な基盤となっているものがあります。

それは、自然界のすべてのものは「木・火・土・金・水」の5つの要素から成るという考えで、「五行説」というものです。

「五行大義」(Theory of Five Elements)として有名なこの考えは、これらエネルギーのタイプを、以下のように定義付けています。

○「木」・・・樹木が枝葉を伸ばすように、「外向きに広がるエネルギー」を象徴します。まさにこれから何か新しいものが生まれてくるような「生命力」と「春」を表します。

○「火」・・・燃え上がる炎のごとく、「上昇するエネルギー」を象徴します。季節は「夏」です。

○「土」・・・すべてのものを「包容し調和させるエネルギー」を象徴します。地表を水平に循環します。季節の変わり目を表し、他のエネルギーの「中央」に位置します。

○「金」・・・全エネルギーの中でもっとも密度の濃い金は、「内向きのエネルギー」を象徴します。
金属のように、自由に造形でき、しかも鍛えても適応できる性質があります。季節は「秋」です。

○「水」・・・「下向きのエネルギー」を象徴します。物事が最大限の休息と集中に入る段階です。何かが誕生する前の静けさ、暗さ。季節は「冬」です。

この「五行」もお互いに影響しあい、相互の関係があります。

五行の相互関係――それは「相生(そうじょう)」「相剋(そうこく)」「比和(ひわ)」です。

◎五行 相生の関係
「相生(そうじょう)」は、ある五行が別の五行を生じて強める関係をいいます。

生じられる五行は強くなりますが、生じる五行は自らのエネルギーを消費してしまうために弱くなります。

◎五行 相剋の関係
「相剋(そうこく)」はある五行が別の五行を制する関係をいいます。

「木(樹木)」は、「土」に根を張り土の養分を奪います。
「土(地面)」は、「水」を吸収します。
「水」は、「火」を消します。
「火」は、「金(金属)」を熱で溶かします。
「金(斧)」は、「木(樹木)」を切り倒します。

相剋の関係では、対立しあってどちらの五行も弱くなります。剋す側の五行はやや弱くなる程度ですが、剋される五行はかなり弱くなります。

◎五行 比和の関係
「比和」は、木と木、火と火、土と土、金と金、水と水、というように同じものが集まる関係をいいます。

風水では、比和の関係は「強める」ニュアンスで使用されます。

 

さらに、「相生・相剋」には力関係が2種類あります。

<相生>
自分にパワーを与えてくれるのが「表相生」で、
自分がパワーを与えるのが「裏相生」

そして、

<相剋>
自分に攻撃してくるのが「表相剋」で、
自分が攻撃するのが「裏相剋」になります。

風水にこの法則を取り入れる場合は、「相生」を使うことが多いです。

「相生・相剋・比和」の法則は、風水を実践するうえで、大変重要なものです。
ある五行を弱めたり、強めたりして、「気(エネルギー)」のバランスを整えていきましょう。

関連記事

  1. SFC ドラゴンクエスト5 天空の花嫁 改造コード

  2. 改造コード及びチート情報の利用に関して

  3. PS4 スターオーシャン4 THE LAST HOPE セーブエ…

  4. PS3 スターオーシャン4 チートコードリスト(BSD用)

  5. 冒険時代活劇ゴエモン 操作方法・ゴエモンのレベルアップと能力・レ…

  6. 冒険時代活劇ゴエモン 攻略チャート2 ~大江戸特捜忍者団~

おすすめ記事

  1. N64 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城! デバッグモードのやり方・コツ
  2. スーパーファミコン改造方法まとめ チートのやり方
  3. スルガ銀行のロードバイク購入ローンで借りたぜ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る