記事の詳細

ロードバイクは見た目が細いパイプとタイヤの作りなので一見、太っている人は不向きのように思えます。
しかし本当にそうなのでしょうか?
サイクリングは膝に負担が掛かりにくいのでダイエットに最適です。
体重を落とす為に始めた人も少なくありません。
ただ、体重が重いとロードバイクに掛かる負担は大きく、場合によってはすぐにパンクしてしまう恐れがあります。
そうならない為にもまずはロードバイク選びを慎重に行いましょう。

まず始めに、ロードバイクの本体やパーツなど決して安いとは言えませんが、そこでルック車のような安物を購入しようとは思わないでください。
価格だけを見ると確かに魅力的ではありますが、すぐに使い物にならなくなってしまっては意味がありません。
できる限りメーカー物を選び、価格に左右されずに選びましょう。

※ロードバイクメーカの説明によりますとロードバイクの「体重制限」は約120㎏前後のようです。これより体重が重い方はまずなんらかの方法で体重を落としてから乗るようにしなければならないということです。

ロードバイク以外におすすめとしてはリカンベントです。
あるテレビ番組でおデブタレントとして活躍している石塚さんも乗っていたものです。
腰や腕などの負担も軽く済むので続けやすいのですが、形が特殊で目立ちやすく、乗りこなすまで時間が掛かるかもしれないという欠点が気になります。
他には前と後ろにサスが付いているマウンテンバイクもおすすめです。
速く走るのには適していませんが、頑丈な作りなので体重が重くても安心して乗ることができます。
また、自転車うんぬんの前にタイヤを変えてみるのも1つの方法です。
特殊なシートが組み込んだタイヤなど、体重100キロ以上にも軽々と耐えられるものが多く出回っています。
サイクリングはロードバイクの選び方さえ間違わなければ、例え体重が重くても誰でも始めることの出来るスポーツです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る