記事の詳細

近頃はどのようなスポーツにも女性が参入していますが、自転車サイクリングなどは走る場所の景色も楽しめて、ファッション的にも恰好もよく、女性にとってはやってみたい趣味なのではないでしょうか。
元々競技用として生まれたロードバイクは男性が乗ることが実情でしたが、近年では女性が乗っていることもよく見受けられます。

女性と男性では体格的に様々な違いがありますから、ロードバイクも当然女性用のものは女性の体格に合ったものでなければなりません。
特にロードバイクで走行する場合は長距離で長時間となりますから、身体に合った無理のない姿勢で乗れることが重要なポイントとなります。
したがって多くのメーカーは「女性用ロードバイク」として魅力あるラインナップを提供していますが、一体普通のロードバイクとの違いはどのような点なのでしょうか。
まず、女性は同身長の男性と比べると長い脚、短い胴、短い腕、広い骨盤、小さい手と狭い肩を持っています。
胴が短く足が長いことから、ハンドルとサドルの距離(トップチューブ)を短くするなど、女性専用に開発されたフレーム設計(フレームジオメトリー)になっていることが特徴です。サドルからハンドルまでの距離が短くなっているので、乗車姿勢はアップライドになります。なお、一部のメーカーでは女性の筋肉や柔軟性を考え、フレーム各部の剛性値を計算するなどして普通のロードバイクとはまた完全に別のものにしてあります。
肩幅が狭く手も小さいことから、左右のハンドルの間隔を少し狭くしてあり、グリップの部分も女性でも握り易いようにサイズを小さくしてあります。さらにブレーキレバーも女性のサイズに合わせて容易に指が届くようになっています。足周りのクランクも、回しやすいように短いものが採用されています。
サドルは特に長時間のツアーでは身体にピッタリ合ったものでないと尻が痛くなったり、足の色々な部分が痛くなったりしますから、大切な部品です。
女性の場合は骨盤が広いことから、サドルの作りを女性の尻に当たる部分を広めにしてあり、その形状も女性の骨格に合わせた形状にしてあります。
フレームのグラフィックやカラーも女性向けになっているといえるでしょう。女性用ロードバイクでは、タイヤサイズが700Cと650Cの2種類あるのですが、特に問題がなければ一般的な700Cを選ぶべきです。650Cは使っている人が少なく、いろいろと問題が生じるからです。700Cのほうがメリットが大きいでしょう。
そのうえ女性用は男性用よりもファッショナブルなロードバイクがラインナップされていますからバイク選びも楽しみとなるでしょう。
女性用といってもロードバイクは高速で走りますから安全性を考慮して、全ての部品は充分な強度をもっておりサイズが合えば男性が乗っても問題はありません。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る