記事の詳細

ロードバイクに興味を持って、はじめて意識して「ロードバイク」を購入しようと思ったときに、ロードバイクの価格をネットや自転車店舗表示の値札、カタログで見たときはそのあまりの高額さに驚きます。
「同じ自転車であるシティサイクル(ママチャリ)は1~2万前後なのになぜかロードバイクは高すぎる、へたすりゃ原付より高い。」そう思ってしまいますね。
しかし、同じ自転車に分類されるといえど、シティサイクルとロードバイクは全く違う別物になります。

クルマで例えてみると分かりやすいです。
「シティサイクル=乗用車」「マウンテンバイク=クロカン」「ロードバイク=レーシングカー」
このように位置付けできると思います。

乗用車とシーシングカーではコンセプトや使用目的が異なりますので同列に比較することができません。
シティサイクルとロードバイクは自転車としての構造や装備が違うのです。
「なぜ」ではなく「当たり前」なんですね。シティサイクルを買う時と同じ価値観で考えてはいけないということです。
そして、ロードバイクが高額である理由としては以下のものがあります。
1、高性能・高品質なフレーム
ロードバイクの各メーカーブランドはフレームの「剛性と乗り心地」「軽量化と耐久性」という相反するようなバランスをうまくとろうと必死になって設計開発していますのでコストがかかる。

2、パーツ単位で高価
ギアやブレーキといったパーツ類に関しても、ただ乗れればいいほかの自転車と違って、スポーツ自転車には軽量・高剛性・耐久性・操作性が求められるために高額になります。

3、コストダウンができたとしても、同シリーズモデルは前年モデルから大きく安くできない。

4、趣味性・スポーツ性の高い乗り物なので、大量生産されず安売りはできない。

5、あまりに安いと所有欲や満足感が満たされない。

6、プロは高くても購入する
100万円を超えるような高額ロードバイクでも、ほんの数秒でも速くなりたいロードレーサーにとっては高性能なロードバイクは需要があります。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る