記事の詳細

ヘアアイロンを使おうと電源を入れたら、赤ランプと緑ランプの点滅状態になってヒータープレートが全然温まらないという現象が起きたことはありませんか?

ヘアアイロンのヒータープレートが温まらない故障原因のほとんどは断線によるものです。しかし断線していないのになぜかランプが点滅を繰り返して使えなくなることもあるのです。

ここでは点滅したままで温まらない原因と直す対処方法を紹介します。

 

ランプ点滅を繰り返してプレートが温まらないこの現象、時期的には冬の寒い朝に起こりませんか?

室温が低いときに点滅になるなら以下の対処が有効です。

 

対処方法
直し方というか対処法はとっても簡単です。ヘアアイロンのプレート部分を「ドライヤーの温風で温める」だけです。1分ぐらい温めれば、赤点灯になって温度が上がって使えるようになるはず。

室温が低いからといって、プレート温度が上がらない・・・こんな状態は異常です。ヘアアイロンなどの温度を調節することができる機器には「サーモスタット」という部品があるのですが、もしかしたらサーモスタットが原因なのかもしれません。

いつ完全に使えなくなるかわかりません。毎日ヘアアイロンを使っている方は新しいヘアアイロンを購入しておくと安心でしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る