記事の詳細

自転車盗難保険 鍵をかけていなかったら

自転車盗難保険に入っていると、それだけで安心してしまうかもしれませんが、管理方法によってはせっかくの自転車盗難保険も無駄になってしまいます。鍵をかけていなかった場合は、せっかく盗難保険に入っていたとしても、残念ながら補償を受けることはできません。

元々、自動車などのように移動が困難なものと異なり、自転車は誰でも簡単に乗れますし、持ち上げて運ぶこともできるものです。施錠されていたとしても、簡単に他の場所に移動することができます。

自転車盗難は日常的に起こっていることで、そのような背景から、自転車盗難保険自体、保険会社にとってはメリットが少なく、選択肢もあまり多くはありません。ですから、自転車盗難保険は、加入条件自体、制約が多くなっています。施錠されていたとしても持ち上げて運ぶこともできてしまう自転車に関して、最低限の防犯である鍵すら不注意でかけ忘れていた場合、保険会社からの補償は適用外となってしまうのです。

 

自転車盗難保険補償後、盗まれた自転車が見つかった場合

自転車盗難の検挙率は必ずしも低くはないのですが、それが高価な自転車となると話は変わってくるでしょう。残念なことですが、盗まれた自転車が戻ってくることは、なかなかありません。高額の自転車の場合には、あっという間にパーツごとに分解されてネットなどで販売されてしまいます。パーツになってしまうと、自分の自転車だと証明するのは困難になります。しかし、やはり戻ってきてほしいと思うのは自然なことですし、自転車盗難保険をかけていた場合、例え保険がおりたとしても自分の自転車が戻ってきたらそれがどうなるのかは、気になるところです。

当たり前のことですが、自転車盗難保険がおりた後に自転車が見つかったという報告を受けた場合、見つかった自転車を返してもらってそのまま放っておくことはできません。保険金を受け取ったことで、盗まれた自転車の所有権が、自転車の元の持ち主から、保険会社に移ってしまっているからです。ですから基本的には見つかった自転車は保険会社などに渡すことになります。

しかし、愛着のある自転車のような場合には、戻ってきた自転車を取り戻したいと思うでしょう。どこの保険かによりますが、まずは保険会社などに連絡して、その旨伝えるべきです。自転車盗難保険の補償は様々な種類があります。金額で受け取っていた場合、その金額を返すことで、元の自転車を返してもらえる可能性もあるかもしれません。しかし、新しい自転車の購入割引などの形で補償を受けていた場合は、また異なってくるでしょう。盗難保険の補償を受ける前に、戻ってきた場合のことを確認しておくのが最善です。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る