記事の詳細

自転車の通信販売サイトやホームセンターの自転車コーナーにはルック車と呼ばれるものが販売されており、ドロップハンドルが付いていてロードバイクと形状が似ているため間違えて購入してしまう人も多いです。
ルック車とは、LOOK、つまりロードバイクに見える自転車(類似車)のことで見た目はほとんど変わらないと思ってください。「モードバイクもどき」や「なんちゃってロードバイク」とか「ロードバイク風自転車」とも呼ばれます。
ロードバイクについてまったく知らない初心者を狙った、利益追求で作った形だけの自転車です。
注意※「ルック」といってもロードバイクメーカーブランドの「LOOK」とは関係ありません
このルック車の最大の特徴は販売価格が非常に安い点で、約2万円~4万円台で購入することが可能です。
きちんとしたメーカーブランドのロードバイクは安い物でも8万円ほどするのが普通なので、この金額がどれだけ安いのか分かると思います。
どうしてここまで安いのかというと、本物のロードバイクと比較すると全体的に質が悪く性能が格段に劣るからです。

驚くほど低価格なルック車のさらなる特徴は、重量が重いという点です。約20kgのママチャリほどではないですが、ルック車は車体重量約11kg~14kgで、これは一般的なロードバイクよりも5kg程度重いです。実際に乗り比べると分かりますが、ルック車は重いので坂を上ったり、漕ぐのに非常に疲れるため長時間走行するのは難しいのです。本物のロードバイクであればスイスイと走行できるところもルック車だと大変な労力を必要とします。
ただ、まったく走らないというわけではなく普通に走ります。ママチャリにしか乗ったことがないという人が乗ればビックリするぐらいよく走るでしょう。
さらには部品の品質が悪いため悪路を走行したり、点検メンテナンスを怠るとすぐに壊れてしまう可能性もあります。部品の取り付けが最初から間違えていることもあるようです。肝心の変速機もギア枚数は少ないし、変速レバーはデュアルコントロールレバーですらありません。点検や調整は一般的なロードバイクと比べてとても要になるでしょう。

問題なのはこの点検や調整を頻繁に行わなければならない点であり、自分で点検や調整ができるのならいいのですが、それが無理で近所の自転車屋さんに持ち込んだ時に「通信販売で買ったそういうルック車の面倒は見ない」という自転車屋が多いことを頭に入れておきましょう。

ルック車の特徴としては
○低品質
○全体的に安っぽい作り
○重い
○溶接がきたない(スパッタ付着等)
○初期傷が多い
○定期点検は必須(これはロードバイクでも同じだが)
○フレームや金属部品にバリが出ている
○街乗りには全く必要のないフロント3枚(トリプル)ギア
○コスト削減のためかワンサイズであることが多く、体格を選ぶ
○レースで走るにはブレーキの利きが悪いので厳しい
○ショップが面倒を見てくれない場合が多い

このようにルック車はロードバイクと比べると明らかに性能が落ちてしまうので注意してください。
ローバイクを購入するとお金がかかるからルック車で我慢してロードバイクの代わりにしようと思わない方がいいでしょう。安いからとかで買ってしまうと愛着がもてず、次第に乗らなくなってしまいますから。

絶対に購入するなとは言いませんが、もしロードバイクライフを本格的にスタートしたいのなら多少お金を出してでも、信頼のあるブランドものを購入された方が賢い選択です。

 

安いがあえて紹介!6万円以下で買えちゃう低価格帯ロードバイク比較!

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る