記事の詳細

ロードバイクを始める際には、自身の趣味だからと一人で勝手に始めるのではなく、まずは家族の理解を得てからロードバイクを購入することを強くオススメします。

最初にポイントとなるのは購入費用の問題で、車体価格は安いものであるならば2万円~3万円ほどでも手に入れることはできるのですが、このような自転車はルック車と呼ばれ本物のロードバイクと比べて走行性能が異常に低く、作りも粗雑である場合が非常に多くあります。特に中国からの輸入品の場合はかなりの数が入ってきており、シティサイクルや実用車などを無理に改造してロード風に仕立てているだけのものもあり、すぐに壊れる危険性もあります。また、乗り心地が悪く疲れやすい車体もありますので、安すぎるものはオススメできません。

ロードバイクの走行性能(一番に軽さ)や走りやすさは価格と比例していますので、初心者の方でも最低で8万円ほどは考えておく必要があり、またボトルや空気入れ、パンク修理道具、携帯空気入れなどをはじめとした関連グッズも揃える必要があります。加えてヘルメットやサイクルウェア、シューズやバッグなど、身につける物も揃えることになります。

他にもいろいろありますが、これらを揃えるとなるとかなりの金額が必要になり、家族の理解を得ず、事後報告となれば後に大きなトラブルを引き起こす可能性もあります。
また、金額面だけでなくロードバイクを趣味にすると休日に家を空けることも多くなり、家族とふれあう機会が少なくなる点も不興をかう可能性がありますので、そのあたりも含めてしっかり話をしたほうが良いでしょう。

できれば、家族みんなでロードバイクを趣味にできるのであれば、一番いいんですけどね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る